セラミド化粧品ランキング

スキンケアの基本となることはきちんと保湿をすることです。肌が潤っていなければバリア機能が低下して、外からの刺激が受けやすくなり肌トラブルを引き起こしてしまいます。肌を保湿するためにきちんと化粧水などでケアをする必要性があります。しかし、ケアの仕方が悪いときちんと保湿をすることができなくなります。今回は肌を保湿するためにどうすればいいのかということと、保湿に必要なセラミドの働き、セラミド化粧品ランキングの注意点などについて詳しく説明していきます。

化粧水をつけすぎると乾燥しやすくなる

化粧水で保湿をする場合には限界があります。つければつけるほど肌が潤うというのは間違いないわけですが、それには限度があるということです。もともと肌が潤っている人が化粧水をつけたとしてもただ蒸発するだけですので、それならばつけた意味がありません。乾燥肌の人であれば、全然潤っていませんので化粧水をつけたとしても適量がそれだけ多くなります。

化粧水をつけすぎるというのは肌の水分保持量をはるかに超えてしまっている状態を指します。つけすぎた時に肌が乾燥してしまったり、ニキビや肌荒れが悪化したり、毛穴の開きが目立ったりするなどの症状が起きます。化粧水だからこそ肌の内部に行き渡って、その中の水分を結びついてしまいます。化粧水の水分が蒸発すると、体内の水分も蒸発してしまいます。

セラミドは保湿力を高めることができる

肌が乾燥してしまうと肌にとって良くありませんので、化粧水などで保湿成分であるセラミドを補給するする必要があります。セラミド自体は体内にあるわけですが、年齢を重ねるにつれて少なくなるので、きちんと補給していかないといけないです。セラミドが配合された化粧品を使用すれば、肌の乾燥をきちんとケアをすることが可能です。セラミドがどうやって保湿力を高めているのかと言うと水を挟んだセラミドが表面をブロックすることによって、水分を蒸発させないようにしています。

ただし、セラミド自体は比較的高いので注意が必要です。化粧品に入っている中でセラミドとよく似た成分のものや、実際に入っていたとしても配合量が小さいものなどもあります。そういう意味ではセラミドと書いてあったとしても実際にどういう成分が含まれているのかを確認する必要があります。

セラミドがもつバリア機能とは何か?

私たちの体は角質層の中に保湿成分を作って水分を保っています。保湿状態にあるセラミドが減少していくと、肌に水を維持することができにくくなります。肌が乾燥してしまうと肌を守ろうとするために急いで角質細胞を作ろうとしてしまうため、未熟な肌ができてしまいます。その肌にはバリア機能が失われているために、そこからダメージを受けてしまうでしょう。そういう時にセラミドを補給すると改善をすることができます。

セラミドにはいくつか種類がある

セラミドには1から6までの種類があります。これらのセラミドの中で肌に多くあるものはセラミド2ですので、セラミド配合の化粧品を購入する時には保湿力に優れているセラミド2がきちんと配合されたものを選ぶといいでしょう。

セラミド1だとバリア機能の回復に優れており、セラミド3と6だと保湿力としわを目立たなくする効果が高く、セラミド4と5は角質のバリア層を作って維持する効果が高いなど、それぞれのセラミドで役割が違っています。セラミドが含まれていたら、どういう種類のセラミドが含まれているかどうかを確かめてください。

ヒト型セラミドが一番オススメ

保湿力が高いセラミドと言えばヒト型セラミドではないでしょうか。肌に含まれているセラミドと全く同じ構造で、同じ成分になる様に作られたもので、天然セラミドよりも格安で安全性が高く、同程度の保湿力を実現しています。なぜ保湿力が高いのかと言うと、セラミド自体が細かい粒子でできているために、足りないところにピンポイントに入っていくために、すぐに肌に浸透することができるからです。

セラミドが含まれている化粧品ランキングは自分に合ったものを選ぼう

ネットなどで見てみると様々な化粧品ランキングがあったりします。どのくらい効果があるのかというのがランキング形式でわかりやすく伝えているわけですが、ランキングは全く同じになることはありませんし、自分に取った合う合わないは必ずありますので、ランキングに惑わされずに、自分が実際に試して見てから決めることをお勧めします。ただし、ランキングに載っている化粧品を実際に試して見ようというきっかけにはなりやすいです。

ランキングに惑わされずに自分の肌保湿のことを考えて選べばいい

フルアクレフに含まれるセラミドは保湿力を高めるとともにバリア機能を回復するための効果に優れています。乾燥と言うのは肌にとって悪いですので、それを引き起こすべく化粧水をつけすぎるのは止めておきましょう。自分に取って保湿効果が高まるようなものを選ぶようにしたほうがいいです。